16時間断食 アトピー

【16時間断食経過観察⓪】始めるに至るまで・プロローグ

先日、とあるネット記事に夢中になりました。

ドランクドラゴンの鈴木さんが16時間断食で生活が激変したと。
8kg減、アレルギー改善……16時間断食でドランク・鈴木 拓が実感した無数のメリット』と、タイトルからしてアレルギーやぽっちゃりおなかに悩む僕に「やるんだ!」といわんばかりの雰囲気。読み進めるうちに「やってみよう」の気持ちが強くなっていきました。

この記事には、鈴木さんがこの断食をすることで数多くのメリットがあったと記されています。

  • 体重減少
  • アレルギーがなくなった(喘息の発作がなくなった)
  • 集中力が上がった
  • 1食分の時間が自由に
  • 睡眠の質の向上
  • リバウンドがない
  • 前向きになる

なんだこれ。僕の欲しい物が詰まっているではないか。

 

16時間断食というものがあるらしい

rapidaによるPixabayからの画像

ここでは詳しいやり方やメカニズムを書きません。

16時間断食を全くわからない方はクロワッサンオンラインさんのこちらの記事
シンプルなルールで試しやすい。巷で噂の「16時間断食ダイエット」。
がとても分かりやすいのでご一読を。

簡単にいうと、とにかく24時間のうちに16時間は連続して食べない時間を作るということ。

  • 8時間は何を食べてもOK
  • 食べていい8時間以外でもナッツやヨーグルトなど、小腹がすいたら食べていいものもある
  • 休みの日があってもいい

このように、特に難しいことを考えることもなく、空腹を耐えるだけなので取り組みやすい健康法だと感じました。内臓は1度物を食べると起きているときも寝ているときも消化のために働くため、休みがありません。調べていくうちに「脳や体は睡眠で休ませるのに、内臓は休ませないのはなぜですか?」というもっともな言葉も胸に刺さりました。(どの記事で見たかはチェックし忘れました…。)

現代人は食べ物を摂りすぎているようで、空腹の時間があまりとれていないことが体に不調をもたらすらしいです。空腹が健康に効果があるということは以前テレビで見かけた南雲先生(@naguyoshi)がおっしゃっていたことを覚えていて、なんとなく記憶にあるという感じでした。

そのテレビ番組では、動物園のお猿さんで実験をしていて、その実験は片方の猿には満腹まで食べさせた生活を、もう片方には腹8分目まで食べさせた生活を送らせ変化をみるというものでした。結果は、前者の猿は毛並みや顔つきが衰えて老け込んでしまったのに対し、後者の猿は顔つきは凛々しく、毛並みはツヤツヤになり、双方の違いが思いのほか大きかったことを覚えています。

この16時間断食もそんな効果があるのだろうかと、先の鈴木さんの記事を見て過去の記憶が「タグ付け」されたかのように思い出されて興味がわいてきました。

 

やると踏み切った理由

Photo by Dan Burton on Unsplash

よし、やる!となったのはダイエット的な目的よりかは健康になりたいからという意味合いが大きかったです。健康になれて体重減るならラッキーだな程度な考えでした。しかし、知るうちに気づけば虜に…!

皮膚疾患の数々

まずはお肌の悩み。
皮膚疾患はいろいろ持ってまして、何とか改善して生活の質を向上させたいという思いがあります。何に悩んでいるのかというのは他の記事も見ていただけると幸いです。→アトピー記事たちのリンク

  • アトピー
  • 異汗性湿疹
  • 紫外線アレルギー
  • 頭皮の乾燥によるフケ

いままで薬やサプリ、食べ物にまで気をつけても大した効果は得られませんでした。いよいよ試すものがなくなってきたいま、「何かを足していくのではなく、何かを引いていく生活」が必要なのかも…と思ったことがやる理由の最大の項目です。

メンタル全般

うつの仕業なのか、眠剤の影響なのか、ただの甘えなのか、注意が散漫になり集中力が続かなくなったと思う今日この頃。鈴木さんの記事を見て「集中力」というキーワードに素早く反応しました。

そして、「寝つきがよくなる」や「目覚めがすっきり」というのも大きい要素。睡眠の質はお金を出してでも欲しいものです。それが朝食を抜く生活を送るだけで手に入るのならいくらでも!と興奮してきたことを覚えています。

続けていくことで体調が少しづつ好転して「前向きになる」というような心持ちになるんだろうな。それってすごくいいなぁ。とも思いました。この時点ですでに、今までいろいろ試してきた自分にとってはやらない理由がないくらいな気持ちになっていました。

徐々に増えている体重

最近はどうも体が重くなる一方で軽くなる気配がありません。僕は身長が175cmほどで、ベストの体重は65kgだと自分では思っています。しかし今は72kg強…。おなかのプニプニ感も増しています。

実は約4カ月のお寺生活では60kg切ったんですが、約3年で10kg以上リバウンドしていることになります。いま、自分で書いていてドキッとしました汗

在宅ワークの日常で、もちろん運動不足なので、生活習慣病も心配になります。健康になるにはやっぱり体重や体脂肪などの身体の管理も大事だよなということで、16時間断食やっていこうと心に決めました。

 

「QOL向上」<「人並みになりたい」という意識

背比べ

他人と比べるのはあまりいいことではありませんが、皮膚疾患や精神疾患は生活上のハンデだと思ってしまうことが多いです。でも、最近は病に関しては一生付き合っていく自分の特色というとらえ方ができてきたし、人はだれでも病気のひとつやふたつは持っているものと割り切ることで、健康のための行動ができるようになってきたと思います。

とはいえ、人並みの体調を手に入れることができれば、仕事でも私生活でもプラスになることは間違いないということはわかりきっているので、様子をみながらやり切りたいなと思っています。

 

筋肉量は落ちやすいらしいから注意

注意

GaertringenによるPixabayからの画像

空腹の時間に脂肪といっしょに筋肉も減っていくみたいです。運動不足でただでさえ筋肉量が少ない自分にとっては悪いニュースです。当面は宅トレ動画をみながら自重トレーニングをして少ない筋肉を守りたいと思います。あとは積極的なタンパク質の摂取を意識するってことですかね。

 

これ読んでメカニズムを叩きこもう

「16時間断食」の提唱者である青木先生の書籍、そのうち読もうと思います。なるべく近いうちに…。なにかをするにしてもメカニズムが頭に入っているといないとでは効率が変わってくるのだろうと思います。せっかくやるのだから効果は大きいに越したことはないということで、勉強しながら16時間断食に臨もうという夏です。

読んでくださりありがとうございました。ではでは。

青木先生の書籍はこちら👇

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ノリーOK

ムコで主夫でライター。 うつとアトピーを持っています。 メンタル弱者としての生き方を模索中!

-16時間断食, アトピー

© 2021 ココロと肌ブログ